BOLG

ブログ

2023 06.06

不動産取得税とは?ー計算方法と、軽減措置の申請までー

不動産取得税は、不動産を取得する際に課される税金です。初心者でも理解しやすいように、この記事では不動産取得税の基本的な概念と計算方法、新築購入時の不動産取得税の軽減措置とその方法について解説します。

不動産取得税とは?

不動産取得税は、不動産を購入する際に課される税金です。土地や建物、マンションなどの不動産を取得すると、その取得価格に対して一定の割合で課税されます。不動産取得税は国や地方自治体によって設定され、不動産の所在地や取得価格に応じて異なる場合があります。

不動産取得税の計算方法

不動産取得税は、一般的には取得価格に対して一定の割合を掛けることで計算されます。具体的な計算方法は、国や地方自治体の法律によって異なる場合がありますが、一般的なケースを説明します。

まず、取得価格は、不動産の購入代金や仲介手数料、登記費用、印紙税など、取得にかかった費用の総額です。取得価格から、譲渡所得税や固定資産税の課税対象となる土地の評価額を差し引いた金額が、不動産取得税の課税対象となります。

次に、課税対象額に対して一定の割合を掛けることで、実際の不動産取得税額が計算されます。具体的な割合は、国や地方自治体の法律によって異なりますが、一般的には取得価格の1%から5%程度が適用されます。また、特定の条件を満たす場合には、軽減税率や非課税となることもありますので、詳細な割合については地方自治体のホームページや税務署に確認することをおすすめします。

新築購入時の不動産取得税の軽減措置とは?

新築不動産を購入する場合、一部の地方自治体では不動産取得税の軽減措置があります。

これは、新築住宅の普及や地域振興を促進するために導入された制度で、一定の条件を満たすと不動産取得税の一部または全額が免除される場合があります。

軽減措置の条件

軽減措置の条件は地方自治体によって異なるため、具体的な条件は各自治体のホームページや税務署に確認する必要があります。一般的な条件としては以下のようなものがあります。

新築住宅を購入すること
購入する住宅が一定の面積や価格を満たしていること
購入者が一定の期間内にその住宅に居住すること
購入者が一定の所得制限を満たしていること

軽減措置の申請と手続き

軽減措置を受けるためには、一般的には購入後一定期間内に申請と必要な手続きを行う必要があります。まず、不動産の取得後に所在地の地方自治体や税務署に申請書を提出します。申請書には購入した不動産の詳細情報や軽減措置の適用を希望する旨を記入します。また、軽減措置に関連する書類や証明書(例:建築確認書、住民票など)も提出する必要があります。

申請書の提出後、自治体や税務署が審査を行います。審査が通れば、軽減措置が適用され、不動産取得税の一部または全額が免除されます。

納税方法は、銀行振込や現金納付などの選択肢がありますが、地方自治体によって異なる場合がありますので、確認してください。

北九州市内で、新築一戸建てを検討中の方は、ぜひ弊社の新築戸建てをご覧ください。現在建築中の物件も多数ございます。見学は毎日可能ですので、お気軽にお問い合わせください。