BOLG

ブログ

2024 02.21

オール電化住宅は停電時にお湯は出る?

ガス併用の住宅では、停電時でもガスを使用してお湯を沸かすことができますが、オール電化住宅ではお湯を沸かすこともすべて電力を使用しているため、停電時にはお湯を新たに沸かすことはできません。
今回は、オール電化住宅に住んでいて停電になった時に注意をしておきたいことをまとめています。

そもそもオール電化住宅とは、ガスを使用せず、電力を使ってお湯を沸かしたり調理をしたりすることができます。ガス併用住宅と比べて、ランニングコストが下がるといったメリットがありますが、災害などが起こった際に停電になってしまうと電気だけではなく、お湯を沸かすこともできなくなってしまいます。

※今回紹介するのはPanasonic製品の操作方法です。メーカーや製品によって操作方法が異なる場合があります。

もし、停電したらお湯は使える?

停電時もお湯は蛇口から出すことができます。オール電化住宅は夜間にお湯を沸かして、タンクにお湯をためておくシステムのため、停電時もタンクに貯まっているお湯を使用することができます。通常通り蛇口をひねると水圧でタンクからお湯が出てきます。貯まっているお湯が無くなると水が出てきます。
※停電時はお湯の温度調整は出来ないため、十分に注意して使用するようにしましょう。

蛇口から出るお湯(水)を飲用する場合は一度沸騰させてください。停電時はお湯はりや保温ができません。

復旧したら、リモコンの時刻表示を確認しよう

リモコンの決定スイッチを押すと、停電前の画面表示に戻ります。リモコンの時刻表示が正しいことを確かめてから使用を再開してください。時刻がずれている場合は、合わせてから使用をしてください。給湯器の時刻や湧き上げモードは記憶されていますが、時刻はずれる場合があるため、使用前にしっかり確認しましょう。九州電力の『電化でナイトセレクト』を使用している場合は、夜間の安い電気料金でお湯を沸かすため、時刻がずれたまま使用すると、思わぬ電気料金がかかることがあります。

断水中は蛇口からお湯(水)は出ない

エコキュートのタンク内にお湯(水)がある場合は、使用することができます。
『非常用取水栓』からお湯(水)が取り出せます。貯水タンクの前面に手順を記載してあるため、チェックしておきましょう。
※タンクに貯まっているお湯(水)の飲用は避けてください。

停電時、高温のIHには注意して!

IHで料理中に停電になった場合は、天板の高温ランプが消えるため、誤って触ることがないように注意しましょう。
主電源が落ちるので、漏電などの心配はありません。
IHが使えないと料理が出来なくなってしまうため、卓上コンロは一台用意しておくようにしましょう!


その他、お役立ち情報など随時更新中です。
お気軽に覗いていってください。