BOLG

ブログ

2023 01.27

「住宅ローン控除」って何?

「住宅ローン控除」とは、個人が住宅ローンを利用して一定の条件を満たす場合に、所得税(一部、翌年の住民税)の控除を受けられる制度です。
2022年の税制改正で、控除率が1%から0.7%に下がりましたが、2025年まで住宅ローンに関する減税の恩恵は続きます。
今後の延長の目途はまだ発表されていないため、住宅の購入予定がある方は早めの検討をするようにしましょう。

住宅を購入すると初年度には必ず確定申告を行わなければなりません。
初めて住宅を購入された方やこれから住宅を購入される予定の方へ、住宅ローン控除のための確定申告に必要な書類ややり方についてご説明いたします。

年末のローン残高×控除率が条件

※翌年以降は会社員の方なら年末調整で還付されます。

住宅ローンを組んだら初年度は確定申告が必要

■住宅ローン控除 適用内容は?

●2023年~2024年ご入居/借入限度額4,000万円

●2024年~2025年ご入居/借入限度額3,000万円

■初年度の確定申告はどこでするの?

お住まいの地域を管轄する「税務署」で手続きが可能です。郵送やインターネットでも手続きを行えます。

詳しい内容は国土交通省ホームページをご確認ください。

https://www.nta.go.jp/publication/pamph/koho/kurashi/html/05_1.htm

■初年度の確定申告はいつするの?

住宅を購入した翌年の1月から3月中旬の間に還付申告を行えます。会社員で給与以外に特に収入がなければ、翌年以降は会社の年末調整だけで控除が受けられます。

■還付金はいつ戻ってくるの?

確定申告した時期によって多少前後しますが、初年度の場合、申請してから1カ月半後くらいまでが目安で、指定した口座に入金されます。

■住宅ローン控除の確定申告には何がいるの?

申請の仕方は、「税務署へ直接行く」「書類をそろえて郵送する」「インターネット上のe-taxで申告」など様々な方法があります。

基本的に確定申告は、2月中旬からしか行えませんが、住宅ローン控除のための確定申告は1月から確定申告を行うことができるので、早めに準備をして税務署が空いている時に行くとスムーズに申請を行うことができますよ!

その他にもお役立ち情報をブログにて更新中♪