BOLG

ブログ

2023 02.21

建築中の物件を購入するメリットは?

建築中の物件を購入することってどう思いますか?

分譲住宅は、その土地にどういった建物を建てるかを県に申請を出して許可が下りれば、建築と販売を開始することができます。そのため、ネットに価格が載っていれば建物が全く建っていない状態でも購入をすることができます。実際に建売住宅は約50%が建築中に成約になっています。

でも、実際に建っているものを見ないと不安と思われる方もいるかもしれません。そこで今回は、建築中の物件を購入するメリットとデメリットをまとめてみました。

タグボートの家の【 販売物件 】はこちら

※建築中の物件も掲載しています。お近くの完成物件をご案内できます。

お気軽にお問い合わせください。【 0800-808-0990 】

建築中の物件を購入するメリット

完成済みの物件と比較した際に、建築中の物件ならではのメリットが多数あります。

変更工事がお得に出来る

早いタイミングで購入した場合、お好みの建具や設備・クロスなどに追加費用なしで変更をすることができます。追加費用がかかってもグレードUPしたい!などもOK。元々の設備との差額分が追加で費用がかかってしまいますが、差額のため比較的安価にグレードUPができちゃいます!価格変更なしでの仕様の変更は、基本的に業者が指定したカタログ内であれば可能なケースが多いので、必ず事前に業者へ確認をするようにしましょう。

また、工事の進捗状況によっては、すでに発注していたり設置後の場合、変更するために追加で費用が発生することがありますので、お金をかけずに変更がしたい場合は、現段階であればどこまでだったら価格変更なしでの仕様変更が可能になるのか、を事前にしっかり確認しておくようにしましょう。追加費用がかかってでも変更がしたい!グレードの高い設備を使用したい!といった場合も、元の設備との金額の差額でグレードアップすることができます。

狙っている人が少ない

建築中の物件は、検討している人の数が完成済みよりも少ないため、狙い目でもあります。実際には建売住宅は建築中に約50%が成約となっているので、狙っている人は少なくはありませんが、完成して見学会が始まると完成するのを待っていた人たちが一気に見学会に集まるため、悩んでいる間に別の人で決まってしまった、、なんてことはよくあります。

その点、完成してからでないと検討ができない!と思っている人は建築中には来ないため人気のエリアに物件が出た際には、建築中から検討を進めてみるといいかもしれません!住宅ローンでいくら借りられるかなどは事前に調べることができるため、建築中のうちから調べておくと購入までスムーズに手続きを行うことができます。

契約から入居まで時間の余裕がある

分譲住宅は、完成した物件だと約1か月ほどで契約から物件引渡しまで進みます。その間に、住宅ローンの仮審査、売買契約の締結、住宅ローンの本審査、銀行とのローン契約、住民票を移す、建物の内覧会などを行っていただきます。そのため休みはほとんど住宅購入へ向けた準備を行うことになります。

即契約→入居したい!という方にはとてもオススメですが、役所に行かなくてはいけない手続きなどは平日に行う必要があるため、仕事の関係上すぐには動けないという場合もあります。建築中であれば、スケジュールもしっかり分かったうえで余裕を持って引渡しを受けることができます。時間に余裕を持ってローンや引っ越し準備を行いたい方はぜひ早めに検討してみてください。

建築中の物件を購入するデメリット

完成した実物を見ることができない

そうはいっても建築中に検討するにしても、完成した実際の物件を見ることができないまま決めてしまうのが怖い!ということが一番のデメリットです。ですが、完成物件の様子が分からないのは注文住宅にも言えることです。しかし、どうしても実物を見て購入したい!という場合は完成を待ってから購入を考えてもよいでしょう。

ただ、分譲住宅はいわば早い者勝ちなので建築中に売れてしまう可能性もあります。そのため分譲住宅の場合は現地近くの施工物件を案内してもらい、中の雰囲気や使っている設備を実際に確認することができます。不安なところは都度、住宅事業者のスタッフに確認をすることができるので不安な場合は相談をしてみましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。これまで完成してからじゃないと分譲住宅の購入ができないと思われていた方はぜひいいなと思う物件があれば検討してみてください。建築中に購入することはいい面ももちろん悪い面ありますが、実は、分譲住宅は立地の良い場所に建つことから約半数が建築中に売れてしまいます。ですが焦って購入をするのではなく不安に思ったことなどあれば、不動産会社に相談をして不安を解消してから住宅購入をする方がよいでしょう。ただ希少エリアの物件は情報が出るとすぐに問い合わせが殺到してしまうため、少しでもいいなと思う物件があったらまずは不動産会社に相談に行ってみてくださいね。

弊社は、北九州市内とその近隣で建売住宅を販売している不動産会社です。

タグボートの家【 販売中物件 】はこちら

毎日、【 Instagram 】も更新中♪

ちなみに、、、

建築中に関わらず、リフォーム等を行う場合は保証をしっかり行ってくれるのかを確認することが大切です。いろいろな業者でリフォームを行うと、万一のトラブルの際にどこに連絡をしたらいいのか分からないというようなことにもなります。また、住宅購入時の住宅会社以外の業者で施工した箇所で問題が起こった際には、住宅事業者からの保証を受けられないこともあります。安価だからといって別業者に頼んで何かトラブルが発生した場合、業者によっては必要な保証をしてくれないところもあります。おすすめとしては、住宅を建ててくれた業者にリフォームも一括してお願いするのがいいでしょう。住宅を建てた会社でリフォーム工事まで一括して行うことで、万一の時も窓口が一つのため分かりやすいですし、信頼のおける会社という面でも住宅購入時の業者に依頼をすることをオススメします。