お知らせ

2021年12月23日

プチリフォーム【和室編】

 

今回は和室のプチリフォームをご紹介します

 

■畳のリフォーム

 

畳替えには、裏返し、表替え、新畳の3パターンがあります。

 

裏返し:約3~5年経過を目安

畳の裏返しをすることによってお手軽な価格で新品に近い状態に戻すことができます。
裏返しをしないまま5年以上が経過してしまうと、裏側まで変色や損傷が進み、裏返しができなくなってしまいますので早めの裏返しがオススメです☆

 

表替え:約5~10年経過を目安

表面の畳表を新しい物に取り換える方法です。中心部にある芯は取り換えずに再利用するため費用を抑えることができ、表面が新しくなる為、見た目は新品同様になります。

 

新調:約10~20年経過を目安

畳を新しいものに新調します。畳が傷んだり、畳床のクッション性が失われてしまった畳は新調をオススメします☆

また、傷んだり色あせてしまった畳をただ交換するのではなく、畳の色や形、フチありかフチ無しかにこだわることで和室のイメージをガラッと変えることができます

 

 

カラーバリエーションは豊富なので是非お問い合わせください

 

また、ペットと暮らしているお家におススメな傷つきにくくお手入れが簡単な畳もご好評いただいてます

 

 

■フローリングへのリフォーム

 

生活スタイルによっては、「洋室を増やしたい」「畳のメンテナンスが意外と大変」と思われる方もいらっしゃると思います

 

そんな時は和室の畳をフローリングに変更し、洋室にしませんか❕❔

家具などを置いても跡が残りにくく、ダニやカビなどのトラブルの解消にも繋がりますよ♪

 

■壁紙の貼り替え

 

前回のプチリフォームでご紹介した、部屋の一部だけを変えるアクセントクロスは、より和テイストな雰囲気や、和モダンな空間を作り出すことができます

 

 

和室プチリフォームに興味や不明点などございましたら、是非お問い合わせください☆

このページをLINEで送る
ページ上部へ